代表値を確認する Python

import pandas as pd
data={
“Age” : [68,72,73,78,80,82 ],
“SBP” : [135,125,145,110,95,150],
“DBP” : [80,75,90,60,50,100]}
}
df=pd.DataFrame(data)

平均値を確認する mean

df[“Age”].mean()

中央値を確認する median

df[“Age”].median()

最小値を確認する min

df[“Age”].min()

最大値を確認する max

df[“Age”].max()

標準偏差を確認する std

df[“Age”].std()

四分位範囲を確認する quantile

df[“Age”].quantile(0.25)
df[“Age”].quantile(0.75)

最頻値を確認する mode

df[“Age”].mode()

件数を確認する(出現回数) count

df[“Age”].count()

合計値を確認する(出現回数) sum

df[“Age”].sum()

頻度値(どの値がどのくらいの数あるか)を確認する value_counts

df[“Age”].value_counts()

まとめて確認する(要約) describe

df.describe()

数値データとオブジェクトデータを合わせて要約したい場合:df.describe(include=’all’)

オブジェクトデータを要約したい場合:df.describe(include=[‘O’]
※0(ゼロ)ではなく、アルファベットの「O」

コメント

タイトルとURLをコピーしました